Mariah Carey – Merry Christmas II You

Nov. 2010 Released

11月は一年間で一番ビック・アーティストの話題作がリリースされる時期であるが、続々と大物がリリースを控える中、11月1日に発売されたマライア・キャリーのクリスマス・アルバムを紹介したい。

今年は自らのオリジナル作品で勝負するのではなく、ホリデーシーズンの音楽に焦点を絞った彼女は、実は1994年にも同様にクリスマス・アルバムをリリースしている。当時の全米アルバムチャート最高3位を記録した「Merry Christmas」というクリスマス・アルバムからは、日本人にもお馴染の“All I Want For Christmas Is You”というトラックが毎年この時期になるとチャートインを果たすロングラン・ヒット作となっている。

そのような前作から16年振りのXmas作となるのだが、やはり音の作りが現代っぽいうえに、当時からはデジタル技術も格段に向上しているので、空気感の違いが楽しめるのは確かである。しかしその一方でクリスマスの演出を考えた時に、新しくてクリアな音が一番というわけではなく、時として50年代のフランク・シナトラやナット・キングコールのようなストリングスを多用した温かみのあるアナログ音が、更なるムード作りに一役買うこともあり、我が家でもそういったクラシックな音源がお気に入りであることも事実だ。

いずれにしてもクリスマスに限ってはスタンダード曲を外すことはできないので、このアルバムに関してもほとんどが古くからのカヴァー曲で構成されており、それらの曲を成熟したマライア・キャリーの素晴らしい歌唱力で聞けることは、至福の贅沢な時間を過ごせるということに変わりは無い。

アルバムには2010年版“All I Want For Christmas Is You”が収録。そして世界的にニューイヤーのアンセム曲である“Auld Lang Syne(蛍の光)”も収録。ダンストラック風に作り込まれているだけに、今年のDJの現場では個人的にもカウントダウン・パーティーで早速使わせてもらうことになりそうだ。

おすすめ度
☆☆☆

Leave a Reply