Archive for the ‘Gospel’ Category

Various Artists / WOW Gospel 2010

Wednesday, June 30th, 2010

Jan. 2010 Released

WOWシリーズはアメリカ国内で非常に重宝されているゴスペル系のアーティストのヒット作をコンパイルする企画もので、これまでに「90年代」、「クリスマス」、「ゴスペル・ナンバーワン」など1度だけのリリース作を含め、様々なトピックで作品を提供。その時の旬を詰め込んだコンピレーション企画が特徴だ。

今回紹介する「WOW Gospel」は1998年からシリーズが始まり、年に1度のタイミングでその年のベスト・コンテンポラリー・ゴスペルを集めリリースを続けているシリーズ作。2010年も1月に発売され、毎週200位まで統計されているビルボード・アルバム・チャートの下の方で長期ランク・インを果たす。要するに年間で考えると地味ながらも売れているアルバムの1種類ということ。

全30曲2枚のCDの内容は以下の通り

Disc 1
1. Souled Out – Hezekiah Walker and The Love Fellowship Choir
2. Back II Eden – Donald Lawrence and The Company
3. Praise Him In Advance – Marvin Sapp
4. Help Me Believe – Kirk Franklin
5. Wait On The Lord – Donnie McClurkin featuring Karen Clark-Sheard
6. Good News – Vanessa Bell Armstrong
7. Faithful To Believe – Byron Cage
8. It Ain’t Over – Maurette Brown Clark
9. God Is A Healer – Kurt Carr and The Kurt Carr Singers
10. Justified – Smokie Norful
11. Waging War – CeCe Winans
12. Cry Your Last Tear – Bishop Paul Morton
13. Bettah – Jonathan Nelson and Purpose
14. At The Revival – Mighty Clouds Of Joy

Disc 2
1. They That Wait – Fred Hammond
2. Saved By Grace – Israel Houghton
3. Here I Am To Worship – Heather Headley
4. I Worship You – Mary Mary
5. Chasing After You (The Morning Song) – Tye Tribbett and G.A.
6. I Look To You – Whitney Houston
7. I Pour My Love – Juanita Bynum
8. I Trust You – James Fortune and Fiya
9. Free – Darwin Hobbs
10. Restored – J Moss
11. Ungrateful – Deitrick Haddon
12. Renewed – Sheri Jones-MoffettI
13. Revealed – Myron Butler and Levi
14. One – Kierra Sheard
15. He’ll Make A Way – RiZen
16. Enter His Gates – Rev. Timothy Wright and The New York Fellowship Choir

ゴスペルが好きな方ならKirk FranklinやCeCe Winansなど、聞いたことのある名前が並んでいることに気づくだろう。今回は私自身も知らないアーティストが2組あり、一度聞いてみるのには良い機会であった。

リストの中にはゴスペル・チャートでランク入りしているトラックも数多く、年間を通じたゴスペル・ミュージック界の動向も伺えるので、参考書的な活用をさせてもらっている。これだけ多くの傑作を集めたゴスペル・コンピは他にないので、自信を持ってお薦めできるシリーズ作です。

おすすめ度
☆☆☆☆☆

William Becton & Friends / Broken

Monday, April 19th, 2010

May. 1995 Released

ワシントンD.C で活動するゴスペル・アーティスト、William Becton氏のデビュー・アルバム。過去にワシントン市内にあるDuke Ellington School for the Artsにて本格的な音楽のトレーニングを受けた経験を持つ。

本作は米ビルボードのゴスペル・チャートで初登場3位を記録し、以降11週に渡って1位となった。1993年にカーク・フランクリンが自らのクワイアーを率いてゴスペル・ミュージックをポピュラーな音楽へと導いたように、彼のこの作品からも「Be Encouraged」という収録曲がビルボードのR&Bチャートの40位圏内にチャートインを果たす快挙を遂げた。当時26歳だったベクトンは自身が予測していなかったことだけに驚きを隠せなかったようだ。

1990年代の半ばから本格的にゴスペル・ミュージックのブームが始まった時、私が知っているだけでも、それまで活動していた多くの指導者がこの傾向に慎重派となる動きがあった。神のために捧げる音楽をミュージック・ビジネスに巻き込みたくないというのがその理由だ。結果、多くのコンテンポラリー・ゴスペル・アーティストが生まれたが、その流れに保守的な考えを貫いた一部の有能なアーティストも多く存在し、彼らはインディーズの範囲内で現在も活動を続けている。

本作は彼のクワイアーを率いて1994年にライブ収録された作品。当時個人的に最も注目したのはデビュー前のKenny Lattimore(ケニー・ラティモア)がソロをとっている「Still in love with you」、「Fall Afresh」という収録曲。

2003年に「Broken Vol.2 Live」というタイトルで第二弾をリリースしているようだが、そちらはどういった内容か作品を購入していないのでコメントはできない。いずれにしても90年代のゴスペル・ジェネレーションの幕開けに大きく貢献した1枚だったことは間違いないだろう。


代表曲となった「Be Encouraged」

おすすめ度
☆☆☆

Mary Mary / Thankful

Wednesday, January 20th, 2010

May 2000 Released

Contemporary Gospel(コンテンポラリーゴスペル)が急成長を遂げる2000年最中にR&Bゴスペルというカテゴリーを次のステップへと持ち上げた、決定的なアルバム「Thankful」。カリフォルニア州イングルウッド出身、姉妹デュオのデビュー作となる。全米チャートのアルバム・ランキングは59位が最高位だが、宗教的なジャンルであり、全くの新人だったことを考えると決して悪くはない順位である。Top Gospel AlbumsやTop Contemporary Christian他のチャートでは見事に1位を獲得。アルバムからのシングル「Shackles」はゴスペルとしては異例の全米チャート28位まで登りつめるという快挙を遂げた。当時のビルボード・チャートの統計は現在のようにダウンロード数などは反映されていないため、単純に売れた枚数とラジオのオンエア回数でここまで上昇したことを考えると、どれだけ凄いことか想像していただけると思う。そして極めつけは2000年度のGrammy Awards(グラミー賞)で「Best Contemporary Soul Gospel Album」をノミネートに留まらず、競合を抑えて獲得までしてしまったのだ。

アルバムをトータルに手掛けたのは、既に業界では素晴らしい仕事をいくつもこなしてきたWarryn Campbell(ウォーリン・キャンベル)氏。それまでは第一線で活躍するR&Bアーティスト、例えばDru HillやTotalのようなガチガチの売れ路線でのプロデュースが多かったのだが、このアルバム辺りをさかえにゴスペル色の強いアーティストを手掛け成功を収めるようになった。後にメンバーのEricaと結婚し世間をアッと驚かせたのも記憶に新しい。

私自身、非常にラッキーだと感じているのが、まだデビューしたての彼女たちの生ライブを見ることができたこと。青山のスパイラルホールで関係者に公開された時に見ることができたのだが、音楽に興味のない冷め切った音楽業界人の中に混じり、一人息を乱し、鼻の穴を全開に広げて興奮する自分・・・必死にクールに振舞おうとこらえたが無理だった。あまりに凄すぎるヴァイブがビシビシ伝わり、地面がぐらっときて頭を打ちつけたような衝撃を受けた。ゴスペル・アーティストは色々見てきたが、彼女たちは別格だった。ただ歌が上手いのではなく、揺るぎない信仰心の深さから湧き出るスピリチュアルなミサイルが頭を打ちつけたのだろう。

その後、某大手ポータルサイトのインタビューで彼女たちに2時間以上に及ぶロングインタビューをさせていただいた。最後の順番でのインタビューだったのにもかかわらず、ひとつひとつの問いに対して最後まで真剣に応じていただいたのを覚えている。
アルバムの内容について触れていないが、このアルバムに関しては、この記事を最後まで見てくれたあなたは、少なくとも興味があるのかもしれないから、チャンスがあったら手にとって聞いてもらうことがベストである。よって細かい説明はナシとさせていただく。

おすすめ度
☆☆☆☆

Yolanda Adams / Believe

Wednesday, August 19th, 2009

Dec. 2001 Released

コンテポラリーゴスペル界のカリスマ、ヨランダ・アダムスの10作目、彼女が37歳の時にリリースした作品。アルバムに収録されているファースト・トラック「Never Give Up」は、筆者が落ち込んだ時に幾度となく助けられた素晴らしい曲、歌の高揚感が天にも届きそうな勢い、勇気を与えてくれる曲なので、是非皆様にも歌詞をしっかり聞き取ってもらい、音楽の中に入り込んでいただきたい。

ゴスペル音楽自体がパワフルな音楽であるように、彼女が歌に注ぐ情熱(と言うよりは神に捧げる情熱)は底知れぬモノが伝わるが、彼女こそはアメリカの多くの若く無関心なクリスチャンに、歌を通じてわかり易く現代キリスト教の科学を紐解いた第一人者だろう。後に彼女の存在を通じて続いたコンテポラリーゴスペルのファロアーが次々に世に出て行ったことを考えても、その実証が明かされている。

アルバムは2001年のゴスペル・アルバム・チャートで堂々の1位、コンテンポラリー・クリスチャン・チャートでも2位を記録。R&Bアルバム・チャートでもこの時代にしては異例の7位まで登りつめた作品だ。意外にも制作にはJimmy Jam&Terry Lewis(ジャム&ルイス)が曲を提供、彼らの知られざる仕事ぶりがひたすら輝きを放っている。他にもShep Crawford(シップ・クロフォード)やWarryn Campbellなどの一流揃い。ゲストに大御所カレン・クラークとのデュエットも有り。

アルバム後半は泣きの2曲がオススメで、10曲目の「I’m Gonna Be Ready」(こちらもジャム&ルイス作)そして彼女の娘について歌った「Darling Girl」は、親なら誰でも感動してしまう暖かい曲です。

おすすめ度
☆☆☆☆