Archive for January, 2012

Etta James / My Greatest Songs

Sunday, January 29th, 2012

1992年リリース作

2011年10月に音楽界から身を引き、2012年1月20日(金)に白血病との合併症のため、あと5日後に迫っていた誕生日を迎える前の73歳でこの世を去った。彼女は1960年から70年代に全盛期を迎え、80年代以降は一部のコアなファン層を除き、残りの人生を地道ながらもライブハウスでの定期公演やソウルシンガーとして頻繁にリリースを繰り返すだけのアーティストとして終わるとも思われていたが、93年に「The Rock and Roll Hall of Fame」いわゆるロックの殿堂入りを果たし、グラミーアワードでは数回に及ぶ受賞も果たした。

そして彼女の転機となったのは2008年12月に全米で公開された大ヒット映画、ブルースの名門「チェス・レコード」を題材にした『Cadillac Records』(邦題:キャデラック・レコード ~音楽でアメリカを変えた人々の物語~)で、ビヨンセがエタ・ジェームスの役を演じたことで、再びシーンへ復帰を果たし、過去の作品に世界が注目するようになった。

以後はTVなどでも彼女を目にする機会が増え2011年11月には最後のレコーディングとなる「The Dreamer」をリリース。

私が個人的に彼女のレコード(レコードの時代です)を買ったのはかれこれ24年前で16歳の時。ブルーズ・シンガーとしてジャニス・ジョップリンが影響を受けたことで、彼女の存在を知りました。ジャニスがカヴァーしていた「Tell Mama」という曲ではライブ映像でエタになりきっているジャニスを見て喜んでいたものです。ジャニスに限らず、そのような影響を受けたアーティストは世界中にDNAを広げ、現在も「真の魂」を引き継いでいると思います。

彼女の名曲”At Last” はウエディングの様々なシーンで耳にすることが多くなりました。

Miles Davis / Nefertiti

Friday, January 20th, 2012

1968 Released

今は亡きジャズ・トランペッターの最高峰、マイルス・デイヴィスが1968年にリリースし、ビルボードのジャズ・アルバム・チャートで最高8位を記録した作品。実際はチャートの順位なんて一般的な評価なので、それはよいのだが、まず紹介したいのは以下の魅力的な参加メンバーだ。
Miles Davis – Trumpet
Wayne Shorter – Tenor Sax
Herbie Hancock – Piano
Ron Carter – Bass
Tony Williams – Drums

もしも現在において彼らの演奏を生で見られるなら、いくらまでお金を払うだろう?間違いなく自分の1カ月分の給料位(想像にまかせます)なら払う価値はある。各楽器のエキスパート達がひしめくメンツである。素晴らしい作品であることはジャズ・ファンなら誰でもうなずくだろうが、本作に至ってはマイルス自身が手掛けた楽曲はゼロで大半をウェイン・ショーターとハービー・ハンコックで書き下ろしているろいうのも意外なポイント。

そして何と言っても、この作品の聴きどころはトニー・ウィリアムスのドラミングである。タイトル曲“Nefertiti”に至っては度肝を抜かれるほどダイナミックで芸術的。13歳でプロ入りし、マイルスが仰天してメンバーに加えたのが17歳の時。このアルバムでは23歳を迎え、エネルギーに満ち溢れ創造性が爆発寸前の年頃。ジャズ・ドラムを次のステップへ持ち上げた(と言っても誰も真似できなかったが・・)きっかけとなった作品と私は解釈している。

同年に同メンバーで収録したアルバム「Miles in the Sky」はロン・カーターが電子ベースを、そしてハービー・ハンコックが電子ピアノを弾くことで、フュージョンが象徴するような次世代ジャズの誕生秘話となった作品と言われている。67年にコルトレーンが他界、本作「Nefertiti」(ネフェルティティ)も67年に収録されていることから、大きく音楽史が動いた時代であることは歴史が証明している。