Archive for February, 2011

Martina McBride / Martina

Thursday, February 3rd, 2011

Sep. 2003 Released

日本ではあまり親しみがないかもしれないが、アメリカ国内では最も人気のあるベテラン・シンガー。本サイトでは黒人音楽を中心にお届けしているが、今回紹介するのは完全に白人の音楽であるカントリーというカテゴリー。著者はアメリカ人のパーティーを中心にDJで生計を立てている事情で、カントリーシーンもチェックをしているのだが、彼女に限ってはジャンルを超え、こよなく愛するカントリーアーティストの一人。「良い音楽は理屈抜きに良い」というコンセプトは決してハズしておらず、これは絶対的な音楽人のポリシーでもある。

Martina McBride は1992年にデビュー2009年までに10枚のオリジナル・アルバムをリリース。数々のチャリティーにも積極的に参加し信仰心が強く、人種的な偏見も少ない女性であることは彼女の音楽が証明するところ。現在は3人の娘に恵まれ、自身の子供に関する歌も数多く歌っているが、本作で最も著者が心を打たれた”In My Daughter’s Eyes”もそのひとつ。一人の母親として子供の目に映る純粋な世界を描いた素晴らしい作品。アルバムのセカンド・シングルとしてリリースされ2004年の全米シングル・チャートで最高39位を記録。尚アルバム自体は総合チャート7位、カントリーチャートで1位を記録した。

14曲目にはジャズ・スタンダード”Over The Rainbow”のライブ音源が収録。
彼女の歌唱力が直々に痛感できるナンバーだろう。

おすすめ度
☆☆☆

映像はカントリーミュージック・アワードにてオーケストラをバックに”In My Daughter’s Eyes” を歌っている様子。大勢の観衆を前に、かなり緊張しているように見える。