Archive for September, 2010

The Isley Brothers / Beautiful Ballads

Monday, September 27th, 2010

Aug. 1994 Released

1950年代に結成し59年にデビュー以降、現在までに活動を続ける数少ないソウル・レジェンド。50年代と言えば生前のサム・クックが素晴らしい歌を披露し、ビートルズはリバプールにてメンバーの原型が集まり始めた頃。

リリースしたアルバムは30~40枚(誰か正確に知っていたら教えて~)。現在のメンバーはボーカルのロナルド・アイズレーとギターのアーニー・アイズレーだけではあるが、年代をまたいで与える若手への影響力は計り知れない。

当時火がついたヒップホップ・アーティストからのサンプリングを拒まなかったことから96年に再ブームとなり、2006年に脱税容疑で逮捕されるまでにツアーやフィーチャリング、レコーディングを繰り返し、年齢を感じさせないパフォーマンスはここ日本でも拝むことができた。

と、イントロはここまでにして、数多く存在するアイズレーのお気に入りアルバムの中でも今回紹介するのは1973年から85年の間にリリースされた中から、選りすぐりのバラードだけをピックアップしたコンピレーション・アルバム「Beautiful Ballads」。様々な側面を持つ彼らの【人間味】を音楽で表現した素晴らしい作品。アコースティック・ギターの響きとロナルドの繊細な声がなんとも印象的、天気の良い日曜日の朝に聞くと最高の一言!心のしこりをほぐしてくれるマッサージ・ミュージックとでも言うのでしょうか?

もう何年も聞き続けていますが、CDのプレイボタンを押すと、いまだに癒されるひと時を過ごす・・・そんな貴重なアルバムです。

おすすめ度
☆☆☆☆☆

Quincy Jones / Q’s Jook Joint

Friday, September 10th, 2010

Nov. 1995 Released

今回紹介するのは、まさにこのブログのタイトルに相応しいタイムレスな音楽をお届けする、1995年発売Quincy Jones(クインシー・ジョーンズ)の「Q’s Jook Joint」というアルバム。コンセプトは89年に発表した「Back On The Block」の続編とでも言いましょうか、アメリカの音楽界を取り仕切る大ボス的な存在である彼が、若くて有能なアーティストを集め、ジャンルの壁を越え贅沢リッチなメロディーを楽しませてくれる内容です。

「Back On The Block」で12歳の天才シンガー、Tevin Campbell(テヴィン・キャンベル)がこの世に姿を登場したように、この作品からはTamia(タミア)という美貌かつ実力派のシンガーがお披露目を果たしました。このアルバムから2年後にあたる97年に「Tamia」というセルフタイトルを付けたアルバムをリリース。クインシーの秘蔵っ子としてデビュー作は注目を浴び、グラミーのノミネート作品にも選出されたほど。

さて、作品の参加アーティストですがこれが多種多様で、ジャンルごとに分野を極めたスゴ腕揃い。DJ ではFunkmaster Flex、Kid Capri、ラッパーにはTöne Löc, Queen Latifah(彼女は現在Jazz シンガーでもありますが・・・)Heavy D、Melle Mel、Coolio、 Yo-Yo、シンガー陣は信じられないほど豪華で、まだ生きていた頃のRay Charlesを始め、Chaka Khan、 Charlie Wilson、Stevie Wonder、Barry White、McKnight、 Rachelle Ferrell、Ron Isley、Aaron Hall、R.Kellyうわ~あり得ないですな。

グループではミュージカル“Stomp”のオリジナル・キャスト・メンバーやTake 6、ポップ界からPhil Collins、ラテン界からGloria Estefan、当時世界最高と名高かったモデルのNaomi Campbell、NBAのバスケ選手からデビューした天才プレイヤーShaquille O’Nealなどなどなどなど・・・・あとは、誰か忘れてないだろうか???

基本的にはクインシーの畑であるジャズがベースとなっているもの、これだけのミュージシャンが集められるのも彼ならではの成せる技。なんせ「We are the World」を仕掛けた張本人ですから。。。。

おすすめ度
☆☆☆☆☆