Archive for January, 2010

Michael Jackson / This is it [DVD]

Wednesday, January 27th, 2010

Jan. 2010 Released

マイケルの死後から6ヶ月以上も経過した2010年1月現在も事件の真相は解明されていない。マリリン・モンロー、ブルース・リー、ジミ・ヘンドリックスなど数を上げればきりがないほどの、アメリカで昔から相次ぐスパースターの謎の死。一体誰が何のために?

私と彼の音楽はいつも自分のそばにいた。言ってみりゃマイケル・ジャクソンは自分にとって共に半生を過ごした相棒だ。12歳でたむろしていた煙で真っ白い部屋に「Beat It」は鳴り響き、当時買ったばかりのビデオ・デッキで研究したムーンウォークはいいところまではいったが、モノにならず・・・。私が在米中に発売された「Dangerous」ではテディ・ライリーのニュージャック・スウィングがアメリカ中を虜にする中で、街のいたるところから流れていた「Remember the Time」。寂しくて寒い夜は「You are Not Alone」と歌ってくれたっけ。酔っ払って帰ってきては、まだ小さかった我が子の耳に無理やりヘッドフォンをさせて聞かせた「You Rock My World」。そして、大きく成長しマイケルの大ファンになっていた我が子と涙して見た「This Is It」。原稿用紙1000枚でも足りないほど書きつくせない思い出となった彼との付き合いも、今後は続く。

今回、こうして手にしているのは「デラックス・コレクターズ・エディション(Deluxe Collector’s Edition)」のDVD版であるが、本当は分厚いブックレット付きが欲しかったが、先駆けて発売されているのはブルーレイ・ディスクのみとのことだった。このDVDに関しては2枚組みとなっており、Disc1は通常のコレクターズ・エディションと同じ内容で以下の特典映像が付いている。
・カムバックにかける想い(40分)
・キング・オブ・ポップの衣装について(15分)
・スタッフが語るマイケル・ジャクソン(16分)
・ダンサーのオーディション風景(10分)

そして、コレクターズ・エディションと比較してデラックス・エディションの特典である、もう片方のDisc2には、実際の映画にも軽く触れていたツアーメンバーについて更に掘り下げた内容が公開されている。ツアーの振付師であるトラヴィス・ペインのインタビューを交えながら各ダンサーのエキサイトした様子や、マイケルのバックバンドやバックボーカルを務めた面々について詳しく述べられ、彼に対する想いを切々と語る姿はとても印象的だ。

数千円の違いが気にならない方には絶対にこのデラックス版をお勧めしますよ。マイケル・ジャクソンのファンなら、誰でも家宝となりえるDVDだと思う。素晴らしい贈り物をくれた天国に住むマイケルだけど、決して「さよなら」なんて言えません!

おすすめ度
☆☆☆☆☆

Mary Mary / Thankful

Wednesday, January 20th, 2010

May 2000 Released

Contemporary Gospel(コンテンポラリーゴスペル)が急成長を遂げる2000年最中にR&Bゴスペルというカテゴリーを次のステップへと持ち上げた、決定的なアルバム「Thankful」。カリフォルニア州イングルウッド出身、姉妹デュオのデビュー作となる。全米チャートのアルバム・ランキングは59位が最高位だが、宗教的なジャンルであり、全くの新人だったことを考えると決して悪くはない順位である。Top Gospel AlbumsやTop Contemporary Christian他のチャートでは見事に1位を獲得。アルバムからのシングル「Shackles」はゴスペルとしては異例の全米チャート28位まで登りつめるという快挙を遂げた。当時のビルボード・チャートの統計は現在のようにダウンロード数などは反映されていないため、単純に売れた枚数とラジオのオンエア回数でここまで上昇したことを考えると、どれだけ凄いことか想像していただけると思う。そして極めつけは2000年度のGrammy Awards(グラミー賞)で「Best Contemporary Soul Gospel Album」をノミネートに留まらず、競合を抑えて獲得までしてしまったのだ。

アルバムをトータルに手掛けたのは、既に業界では素晴らしい仕事をいくつもこなしてきたWarryn Campbell(ウォーリン・キャンベル)氏。それまでは第一線で活躍するR&Bアーティスト、例えばDru HillやTotalのようなガチガチの売れ路線でのプロデュースが多かったのだが、このアルバム辺りをさかえにゴスペル色の強いアーティストを手掛け成功を収めるようになった。後にメンバーのEricaと結婚し世間をアッと驚かせたのも記憶に新しい。

私自身、非常にラッキーだと感じているのが、まだデビューしたての彼女たちの生ライブを見ることができたこと。青山のスパイラルホールで関係者に公開された時に見ることができたのだが、音楽に興味のない冷め切った音楽業界人の中に混じり、一人息を乱し、鼻の穴を全開に広げて興奮する自分・・・必死にクールに振舞おうとこらえたが無理だった。あまりに凄すぎるヴァイブがビシビシ伝わり、地面がぐらっときて頭を打ちつけたような衝撃を受けた。ゴスペル・アーティストは色々見てきたが、彼女たちは別格だった。ただ歌が上手いのではなく、揺るぎない信仰心の深さから湧き出るスピリチュアルなミサイルが頭を打ちつけたのだろう。

その後、某大手ポータルサイトのインタビューで彼女たちに2時間以上に及ぶロングインタビューをさせていただいた。最後の順番でのインタビューだったのにもかかわらず、ひとつひとつの問いに対して最後まで真剣に応じていただいたのを覚えている。
アルバムの内容について触れていないが、このアルバムに関しては、この記事を最後まで見てくれたあなたは、少なくとも興味があるのかもしれないから、チャンスがあったら手にとって聞いてもらうことがベストである。よって細かい説明はナシとさせていただく。

おすすめ度
☆☆☆☆