112 (one twelve) / 112

Aug. 1996 Released

現在は各自がソロで活動をしているもの、あまり音沙汰が無くなってしまったが、1996年にBad Boy(バッド・ボーイ)より華々しくデビューした実力派男性ボーカル・グループである。90年代初頭にBoyz II Men(ボーイズトゥメン)の成功からボーカル・グループのデビューラッシュが続いたが、成功したグループの中では先駆けとなった存在であり、一人ひとりが個性を持ち歌唱力の高いソロパートを聞かせてくれる素晴らしいグループだった。96年に本作「112」を放って以降、98年「Room112」、2001年「PartⅢ」、2003年「Hot & Wet」、2005年「Pleasure & Pain」と計5枚のアルバムを残した。音楽専門誌BMRによると、メンバーの横領を機に数年前に解散に至っているが、2010年に入ってからスリムを除くメンバーがレコーディングを開始したという噂もある。

グループのメンバーはMike、Q、Slim、Daronの4人から成る。しつこいようだが、本当に一人ひとりの歌唱力に個性があり、それぞれの役目を発揮することで、ボーカル・グループとしての輝きを増し、全く脇役の無い音楽の集合体となったチームだ。

この「112」では既に他界したヒップホップのレジェンド、ビギースモールズがラップを務めた「Only You」が日本でもヒット。全米ではシングルチャートで13位を記録。同じく13位を記録した「Cupid」というバラードはスリムのクセになる甘い声が心をくすぐる、私の世代にはR&Bの懐メロ的な存在だろう。

制作にはこの時代に旗をなびかせ絶好調に勝ち進んでいたバッドボーイPuff Daddyの(パフ・ダディ現Diddy)や当時のBad Boy専属プロデューサーであったスティービーJ、そしてティム&ボブなどなど。

R&Bシーンが面白い時代のひとつズバ抜けたグループ・・・そんな思入れが忘れられないネ。

おすすめ度
☆☆☆☆

Leave a Reply